ふと思った!夏祭りの由来☆彡

歴史

ふと思った! 夏祭りの由来☆彡

 

こんにちは。ゆうです。

ご訪問頂きありがとうございます。

 

未だ、梅雨はあけないけれど

今日は月曜日。

 

あなたはお元気ですか?

 

今日から、緊急事態も解禁の様子ですが…。

 

まだまだ距離をとったり、マスクはいりますね?

 

だんだん暑くなっていくので、

梅雨があければ、すぐ夏!

 

オリンピックがきます。

 

ふと、夏祭りを思い出し、いつからあるんだろうと

思いました。で、調べてみました(^^♪

 

 

 

今年は夏祭りが出来ればいいですが、

マスクはやっぱり必須ですよね?

 

ご家族と、友人たちと、などで楽しむお祭り。

夜は少し涼しくなり、浴衣姿もいいですよね。

 

 

 

お祭りの起源は紀元前にさかのぼってしまうらしい。

それも、神話からです。

 

あなたもご存知の「古事記」

初めてのお祭りは、その中の「天の岩戸隠れ」

そのシーンが神社のお祭りのはじまり。

 

その後、お祭りは神社やお寺を舞台にしました。

お供えを神様に捧げる、

「まつらふ」が「まつり」の語源のようです。

 

 

平安時代には町で行われるようになり

江戸時代には、花火などが登場。

現在は、農業、漁業、家族の健康、幸福を祈る為の

イベントとなりました。

 

 

お店もいっぱいで、楽しいですよね(^^♪

 

 

夜店は美味しいものや子供たちが楽しめるものが

たくさんあって、幸せな時間になります。

 

また、緊急事態にならなければいいけれども

距離をとるので、

なんとなく寂しい感じになるかもですね。

 

 

どんどん、世界が変わっていくのでしょうか?

 

人って懐かしい記憶が楽しかったり、

哀しみであったり。

 

 

春夏秋冬にお祭りが行われますが、

 

夏は

都市部の疫病のお祓い。

地方の農業のが害虫を払ったり、

台風除け。

 

亡くなった人を供養するのが、

「盆踊り」らしいです。

 

全国それぞれの地域で

「お祭り」には、たくさんの意味や

お祭りの名前にも由来があります。

 

 

梅雨は体もだるくなったり、

カビなどがでますが、

カラッとした夏がきますね。

 

また猛暑は

高齢のかたは危険はもちろんですが、

水分や塩分を摂って、

 

「今から」体調を整えていきましょうね

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

素敵な一週間をお過ごし下さいね(^^♪

 

ゆうでした。

でわ、また。

 


SOHO・在宅ワークランキング

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました