ふと思った!段ボールの歴史☆彡

歴史

ふと思った! 段ボールの歴史☆彡

 

 

こんにちは。ゆうです。

 

ご訪問ありがとうございます(^^♪

 

 

今日はスーパーが火曜市で

行ってきました。

 

すごい人でした…。

 

店員さんも、段ボールから

たくさん出して、陳列してくれていました。

 

そういえば、段ボールって

いつからあるんだろう!

 

そう思い、また調べてみました(^^♪

 

 

 

 

1856年に、「しわつき紙」というのが

開発されたのですが、

シルクハットの裏側に、汗を吸わす事が目的でした。

 

1871年に包装資材として、

ガラスなどを、包装するのに使われました。

 

 

 

 

1833年に、両面段ボール

3層にした、今の段ボールケースが誕生!

 

始まりはイギリスだけれど、

梱包資材として開発されだしたのは

アメリカです。

 

1909年、井上貞次郎氏(レンゴー(株)創業者)

から、

日本に段ボールが持ち込まれ、

 

日本では、それが、今の始まりです。

 

 

 

 

戦前は木箱が主流でした。

また、関東大震災などで、木材が不足しました。

 

第二次世界大戦後から、段ボールが活躍します。

 

 

1973年のオイルショックを除けば、

 

段ボールは2000年以降もずっと右肩上がりの

生産です。

 

 

 

 

 

そういえば、引っ越しの経験もありますが

段ボールの山でした。

 

 

今は、ネットで買い物をしても、

段ボールで届くし、

本当に便利な時代になりましたね。

 

 

分別もされて、再利用されています。

 

家具やノート、

 

 

または災害時の間仕切りシートに。

吸音や遮音性もあるらしく、

手作りの防音部屋をつくったり。

 

段ボールシートを加工して、

自作パソコンのケースに使われたりしているらしい。

 

 

 

 

 

よく、まわりを見回すと

あって当たり前のものが、

色んな歴史をもっていますよね。

 

人って、本当に賢いなっておもいます。

 

今回の新生活の準備でも、たくさんの

段ボールが使われたことでしょう。

 

 

新生活のあなたは

すこしづつ、慣れてきましたか?

 

 

あなたが新入社員さんでなくても

新入社員さんを手助けしたり、

色々あるとおもいます。

 

 

体調には気をつけて、

素敵な火曜日をお過ごしくださいね(^^♪

 

 

こちらも、今は

母はお昼寝中です。

在宅介護がんばります(^^♪

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ゆうでした。

 

でわ、また。

 

 

 

・ダンボールの引用元自作パソコン – Wikipedia

 

 

 

 

 


SOHO・在宅ワークランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました