ふと思った!洗濯機の歴史と現在の洗剤☆一人暮らしには安い彡

歴史

 

ふと思った!洗濯機の歴史と現在の洗剤☆一人暮らしには安い彡

 

  今朝、洗濯しようとしたとき、粉末洗剤がもう少しだなぁ…と

  思った…

  昔のせんたく用せっけんを思い出した。

  それとともに、洗濯機ってありがたいなって思った。

 

こんにちは!ゆうです。

ご訪問ありがとうございます(^^♪

 

洗剤がない!

そんな感じで、慌てて洗剤を買いに行く時って

あなたにもありませんか?

 

最近は安い時にネットでまとめて買っています。

ホッとしました。

 

今日は雪かもしれないので、乾燥機にもお世話になります。

 

母は今日は在宅ですが、今二度寝してます。

 

 

洗濯機の歴史

  • 1922年(大正11年)頃、アメリカから輸入
  • 1930年(昭和5年)芝浦製作所(のちの東芝)が生産。
  • 1953年(昭和28年)戦後には値段が安くなる。
  • その後、パナソニックから、絞り機がついた洗濯機
  • 昭和30年代になると冷蔵庫や掃除機など、家電の普及
  • 1962年(昭和35年) 洗濯機の普及が50パーセントになる

 

 

そういえば、気がついたころは

洗濯機は普通にありました。

 

学校で家庭科の授業で、

「洗濯板と洗濯用固形せっけん」で

せんたくをした記憶がありました…。

 

 

 

 

寒くなると、洗濯もなかなか乾きません。

 

一人暮らしや、人数が少なければ、

乾燥機も

本当に助かります。

 

洗剤は当時の粉末洗剤はすごい大きい箱で、

重かったり、固まったりで。

って、ちゃんとお手伝いしてたしてた自分なんですね。

 

あ、そうか、電気洗濯機になったから、粉末洗剤が必要に

 

 

 

 

 

そんなことを考えていた朝でした。

 

本当に寒いですね。

 

乾燥機を使うのが頻繁になると

せんたくばさみがいらなくなったりします。

 

 

 

 

天気の良い日には洗濯は太陽がいいです。

太陽や風の香りはやっぱりいいですね?

 

せんたくばさみは、子供や孫が小さいころ

大好きなおもちゃでした。

 

今はコインランドリーも便利になり

 

一人暮らしでも、セットで買えば電化製品は

贅沢しなければ、安くなりました。

 

未来のあなたの洗濯機や洗剤はどんな形になるのでしょう!

 

 

「家族でこたつを囲んでた」幸せだった日々も、

 

あっという間でした(^^♪

 

今を大切に生きましょう☆彡

 

ゆうでした。

素敵な火曜日をお過ごしください♪

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました